michinoko blog

Information

date: 2009/04/23
category: flash.

Tagged

ドキュメントクラス [as2]

久々にがっつりとAS2で制作。
最近はずっとAS3クラスベースで作っているので、AS2でも同じように作りたい!

結論から行けば、

//フレームアクション:1フレ目
this.__proto__ = Function(Main).prototype;
Function(Main).apply(this, null);
//Main.as
class Main {
	public function Main() {
		trace("コンストラクタ関数");
	}

}

もちろんクラスパスを通すのが必須。flaファイルと同階層ならパスを通す必要無し。これでAS3のドキュメントクラスと同じように出来る。

ただtweenerとかでステージ上にあるMCを制御するにはこれだけではダメで、test_mcがステージ上にある場合のMain2.asは、

//Main2.as
import caurina.transitions.Tweener;
class Main2 extends MovieClip {
	var test_mc:MovieClip; //インスタンス名
	public function Main2() {
		trace("コンストラクタ関数");
		Tweener.addTween(test_mc, { _x:600, _y:400, time:1 } );
	}

}

と、extends MovieClipせんと動かんかった。