michinoko blog

Information

date: 2009/02/28
category: flash.

Tagged

,

まだTweensyを触る

昨日に引き続きtweensyに触れてみる。

まずは、tweenerで面倒だったループが、tweensyではいとも簡単に!
ループにも種類があり、
■YOYO

var timeline:TweensyTimeline = Tweensy.to(mc, { y:500 }, 0.5, Linear.easeNone, 1);
timeline.repeatType = TweensyTimeline.YOYO;
timeline.repeats = 3;

1秒待機させた後、mcを現在位置からy=500まで、0.5秒かけて動かすのを3回繰り返す。
YOYOの場合は、y=500から現在位置へ戻る動きの際にも、1秒待機がかかる。

■LOOP

var timeline:TweensyTimeline = Tweensy.to(mc, { y:500 }, 0.5, Linear.easeNone, 1);
timeline.repeatType = TweensyTimeline.LOOP;
timeline.repeats = 3;

1秒待機させた後、mcを現在位置からy=500まで、0.5秒かけて動かすのを3回繰り返す。
LOOPの場合は、y=500から現在位置へ戻る動きの際には、1秒待機がかからずすぐに戻ってくる。

■REPLAY

var timeline:TweensyTimeline = Tweensy.to(mc, { y:500 }, 0.5, Linear.easeNone, 1);
timeline.repeatType = TweensyTimeline.REPLAY;
timeline.repeats = 3;

1秒待機させた後、mcを現在位置からy=500まで、0.5秒かけて動かすのを3回繰り返す。
REPLAYの場合は、y=500から現在位置へ戻る動きは発生しない。アニメーション終了後、ぱっと元の位置に戻って繰り返す。

僕の理解ではこうなんやけど、たぶん大体あっているでしょう。そうそう、ループを無限大にするときは、回数を-1にすればええみたい。

続いて、TweenGroup。tweensy wikiのTweenOriginalを見てもイマイチよくわからんかったけど、kanariiaさんのブログを見て理解。ようは、FuseKitみたいに、特殊プロパティを設定してくれててそれを使えますよってことか。

同比率での拡大・縮小の場合、scaleXとscaleYをtweensyするかわりに、TweenGroupを使ってscaleTo(mc, 2, 3)みたいにシンプルに一括でやっちゃいましょと。
プロパティのショートカットみたいなイメージ?ちなみに、scaleTo(mc, 2, 3)は、3秒かけてmcのスケールを200%にしますということ。

まださくっと見ているだけやけど、tweensyコレ良さげ!使っていこと。